新規開拓の営業の苦労

金融機関で営業をしていたのですが、新入社員の時は研修の一環で新規開拓を行います。
新規開拓は、一件一件個人、法人関係なく訪問をして商品の提案をします。1日中新規開拓を行い、1日50件から60件位インターホンを押します。ほとんどの家がインターホンに出て貰えないか門前払いです。時には、インターホンを押しただけで怒られることもありました。それでも、何百件に1件は商品を購入してくれました。それも、すぐに購入してくれるのではなく、何度も何度も足を運んで、顔を覚えてもらい、信用をしてもらって購入まで至ります。夏は日焼けをして、冬の寒い日も歩いて一件一件回りました。
2年目になると、先輩からお客を引き継ぐのですが、自分で開拓したお客の方が信頼関係が出来ているので、数字に困った時には助けてもらうことも多々ありました。また、大変な思いをしてやっとお客になってくれたお客は、他のお客よりも大切にしていました。新規開拓は大変でしたが、自分自身も成長をすることができました。