訪問率が契約のベースのもとになる。

当たり前話ですが、営業マンは自分でチャンスを作るしかありません。動かなければ何も得られることはありません。営業が強い方は、一度の訪問で数字を上げるかもしれませんが、営業力のない人は何度も訪問をすることによって信用信頼をして頂き獲得につなげるしかありません。つまり、訪問率を上げれば上げるほど契約に繋がるというわけです。
しかし、営業やり始めの方がよく言う言葉あがあります。「今日も訪問しましたよ」などと言いますが、ここでいう訪問率とは社長と会えたか、そして、座って話ができたかが重要です。ただ、挨拶するだけなら意味がありません。それどころか、時間の無駄なので赤字です。限られた時間内でどう動き、どう成果を出すかがポイントです。なので接触頻度が誰でもできる一番簡単な数字の上げ方となります。実際その他にはセンスも必要と思いますが、センスに関しては磨くしかありませんので一朝一夕で身につくものではありません。なんでぜひ数字を上げることに戸惑っているのであれば、ぜひ、一日一日をどう接触して成果を残すか考えて行動をして欲しいです。